本文へスキップ

福岡県大野城市の精神科・内科 医療法人十全会 おおりん病院

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.092-581-1445

〒816-0932 福岡県大野城市中央1丁目13番8号

福岡県大野城市の精神科・内科 医療法人十全会 おおりん病院

greeting


院長ご挨拶
理事長・病院長  

医療法人十全会 十全病院は、平成20年3月1日より同法人「おおりん病院」と名称変更致しました。これまでの精神科・内科などの標榜科目に加え、心療内科・消化器科・放射線科などの診療科を追加し、新しくスタートいたしました。
1960年創設以来、アルコール関連疾患に重点を置いた医療を行ってまいりました。しかしながら、施設の老朽化および周辺地区は福岡市のベッドタウンとしての住宅地化により、内科・精神科を含め341床の病院を全面建て替え致しました。
「おおりん病院」は地域住民の要望もあり、これまでの診療に加え、内科系に力を入れて、かつ増加しているうつ病・認知症・ストレス関連疾患などにも力を入れ、それに関連した外来・病棟も始めました。
病院全面建て替えになり、スタッフ一同地域医療に更なる努力をし、住民の方々の医療と健康に貢献したいと思っております。

医療法人十全会 理事長
おおりん病院 病院長 医学博士 石橋正彦


現在、筑紫保健所嘱託医,久留米大学医学部医学科非常勤講師,日本睡眠学会認定医,精神保健指定医など


看護部長ご挨拶
 看護部長
「当院は一般内科を有し、病床は341床の精神科主体の病院です。
地域に根ざし、地域住民の方々と共に成長し、今年度は創立60周年を迎えることができました。唯一、「心と体を健康にできる」病院づくりを目指して日夜努力しております。
多職種間でのチーム医療・医療連携を強化し専門的な医療サービスの提供に努めております。患者様一人ひとりが、安全で安心して医療を受けられるよう、医療チームの一員としてファミリー的人間関係を通じて、患者様の苦痛の緩和・症状回復・社会復帰を支援しています。職員が満足を得られ、患者様・ご家族より当院を選んで頂ける病院づくりに取り組んでおります。」

看護部の理念・方針
私たちは、患者さまを尊重し、質の高い思いやりのある看護を実践します。
  • 私たちは
    1.患者様の人権を尊重し、質の高い看護を実践します。
    2.チーム医療を推進し、事故のない安全な看護を実践します。
    3.職員のやりがいを支援し合い、自己実現を目指します。
    4.病院の健全経営に積極的に参画します。
    5.地域との連携を図り、看護活動を通して地域に貢献します。

勤務体制

2交代制、全病棟3名で夜勤をしています。

特徴
  • 看護職員が「看護することが楽しくて大好きです」と言い、やりがいのある職場です。
  • 勤務時間に終わり、定時帰宅ができます。ワークライフ・バランスに取り組み、働き方改革を行っています。保育園を併設し、時短勤務やパートなど多様な勤務を取り入れ、子育て支援を行っています。休みもとり易い職場です。
  • 勤務をしながら、看護専門学校に通学しているスタッフがいます。学生を支援し思いやりのあるあたたかい職場です。(奨学金制度があります)
  • 看護師・准看護師の定年は65歳です。60歳以上の方でも、働く意欲がある方は採用いたします。また、再雇用の方が多くおられ、働きやすい職場です。
  • 労働環境がよく交通の便が良い病院です。(JR.西鉄電車双方 徒歩7〜8分)
  • ブランクのある方も歓迎します。お気軽に見学にお越しください。

看護部長 河原えみ子



沿革 
昭和35年5月
(1960年)
大野城市中央1丁目13番8号
(当時は筑紫郡大野町)に十全病院開設。
病床数39床。
 昭和38年7月
(1963年)
本館落成(鉄筋3階建)内科新設、精神科病棟増築。
334床となる。
 昭和39年3月
(1964年)
医療法人十全会 十全病院となる。
  昭和39年9月
(1964年)
内科病棟増築。
367床となる。
 昭和40年1月
(1965年)
アルコール並びに薬物中毒専門病棟を設置。
 平成 5年1月
(1993年)
病床数が343床となる。
 平成11年3月
(1999年)
病床数が341床となる。
 平成20年3月
(2008年)
第一期工事終了。
医療法人十全会 おおりん病院となる。
 平成21年2月
(2009年)
第二期工事終了。
全ての病棟が、新病棟へ移行となる。
 平成21年6月
(2009年) 
全工事完了。

医療法人十全会 おおりん病院

〒816-0932
福岡県大野城市中央1丁目13番8号
TEL 092-581-1445
FAX 092-591-7060